モチーフのアウトラインとコラム

モチーフランニングはアウトラインツールの中にあります。

モチーフはアウトラインツールのどのタイプにも割り当てることができるプロパティです。したがって、標準デジタイズツールまたはグラフィカルデジタイズツールに含まれる使用可能なデジタイズツールを使用して、ランニングステッチ、トリプルランニング、バックステッチ、ステムステッチなどを作成した後にモチーフを選択すれば、デジタイズされたラインはモチーフのラインに変えることができます。

アウトラインツールにあるモチーフのアイコンをクリックすることで、モチーフを素早く実行することができます。

モチーフのセットとパターンの選択

① モチーフのセットからタイプを選択。

② セットの下にある矢印(>)をクリックしてライブラリを開き、パターンを選択します。

③ ここではモチーフのサイズを設定します。またモチーフとモチーフの間の間隔の設定を行い、ラインに沿った各モチーフが重なるように、または離れるように調整します。

ヒント:間隔の調整の際は、X軸サイズに入れた数値に、分離させたい間隔の数値を足します。要するに、各モチーフを接触させたい場合は、モチーフのX軸サイズと間隔の数値を同じにすればいいわけです。

設定の後、通常通りにラインをデジタイズし、キーボードのEnterを2回クリックすれば作成完了です。

モチーフランニングを作成しながらサイズを自由に調整したい場合は、通常通りラインをデジタイズし最後にEnterを1回クリックしてラインが完成したら、次にマウスを左クリックしながら動かして目的のサイズに到達するよう調整、サイズが決まったら2回目のEnterを押します。間隔の調整はこの後に変更する必要があります。

モチーフコラム

モチーフでコラムを作る場合は、次のいずれかのコラムツールを使用して作成します。

 ①コラムA ②コラムB

 ①デジタイズコラム

コラムツールを選択したら、埋め縫いツールバーまたはプロパティ内の埋め縫いタブからモチーフコラムを選択します。

通常通り形状をデジタイズします。

形状をデジタイズする前後に、モチーフの設定によって、比例的または固定サイズの設定を加えることもできます。

固定と比例的コラム

「比例的」を選択した場合、サイズXに入力したパーセンテージで設定します。コラムが狭くなるのと比例して、モチーフのサイズが小さくなります。

「固定サイズ」はサイズXがロックされ、固定されたコラムの幅に合わせてモチーフが調整されます。

日本語の字幕付きでビデオを見る方法は、こちらをクリック