海賊版ソフトウェアに関する重要なお知らせ

  • Yuki Kotera
  • 9月 22, 2020
  • 海賊版ソフトウェアに関する重要なお知らせ はコメントを受け付けていません

背景

2020年初頭から、WilcomのEmbroideryStudio e4.2の海賊版がいくつかのソーシャルメディアおよびeコマースのプラットフォームなどで違法なダウンロードオファーされるようになりました。 最初の海賊版が出た後、多数のEmbroideryStudioの偽造コピーを提供する不正者が出ました。

一部の不正者は、海賊版のEmbroideryStudio e4.5を提供できると偽りの宣伝をして、違法な販売活動を行っています。

Wilcomはこれら違法な海賊版のソフトウェアをインストールしたことによって、ユーザーのコンピューターやインストールされていた他のソフトウェアが損傷したという事件がいくつか発生しています。

また最近では、海賊版のソフトウェアで作られた刺繍ファイルによって、ファイルを受け取ったユーザーのコンピューターが破損したケースも確認されています。海賊版のソフトウェアで作られた破損したファイルによって、他のどのバージョンのWilcomソフトウェアでも刺繍ファイルを開けなくなったと報告されています。

Wilcomからのお知らせ

Wilcomは、2020年7月15日にソーシャルメディアを通してすべてのWilcom EmbroideryStudioソフトウェア利用者に正規版のソフトウェアのみを使用するよう警告を発しました。しかし、これ以前にもすでに海賊版のソフトウェアは違法的に流通され、不法に使用されているため、現在も破損ファイルによる被害が報告されています。

Wilcomはいくつかの企業より、刺繍のデザインファイルを含むコンピューターファイルの破損に関する報告を受けました。 報告されたすべてのケースで、海賊版EmbroideryStudioソフトウェアが使用されていたことが確認されました。

海賊版のWilcomソフトウェアを使用してデジタイズサービスを請け負っている業者がいます。これらの不正業者によって破損しているデザインファイルが顧客に提供される可能性があります。厳重に注意してください。

もし破損したファイルを受け取った場合、発注側が正規版のWilcomソフトウェアを使用している場合でも、海賊版のソフトウェアで作られた破損ファイルは開くことはできないでしょう。

また破損ファイルによって、保存されている他のデザインファイルやコンピューターシステムも破損されたケースも報告されています。

残念ながら、Wilcomは破損した刺繍デザインファイルの復元をお手伝いすることはできません。破損したファイおよび影響を受けた他のデザインファイルは復元ができないため、正規版のソフトウェアを使って、全てのデザインをいちから作り直すことになります。

取り締まりを強化していますが、現在も海賊版のEmbroideryStudio e4.2が不正に取引されているため、継続的な問題と言えます。

残念ながら、海賊版のWilcomソフトウェアの使用に起因する刺繍ファイルの破損およびその他の損害は、Wilcomムは支援することはできません。

解決案

報告のあった事例を検証した結果、刺繍ファイルの破損による問題は、海賊版のWilcomソフトウェアがインストールされているコンピューターで、刺繍ファイルが使用されている場合に発生するようです。

あなたがWilcomの正規版のソフトウェアを所有していることはもちろん大切ですが、外部に刺繍デザインの作成を委託する場合も、委託先の業者がきちんと正規版のソフトウェアだけを使用しているかどうかを確認する必要があります。

もし外注先で海賊版ソフトウェアが使用されていた場合、送られてきた刺繍ファイルを開いたり、編集したりすると破損してしまい、その影響でどのバージョンのWilcomソフトウェアでもファイルを開くことができなくなる可能性があります。

海賊版のソフトウェアを不正提供および不正利用し、他のビジネスに多大なリスクやダメージを与える犯罪者から、あなたのビジネスを守ってください。

いま一度、あなたのビジネス内で使われているWilcomソフトウェアは全て正規版かどうか、確認してください。

また、あなたのビジネスにデザイン作成のサービスを提供している委託業者も正規版のWilcomのソフトウェアだけを使用しているかを確認してください。