無駄な糸切りを減らすには

ソフトウェアが糸切りを作成するのはなぜでしょう?

基本的にソフトウェアは、色の変更時、または2つのオブジェクト間の距離が定義された距離を超えたときに糸切り作成します。 これらの設定は、「コネクタ」タブにあります。

最初のドロップダウンには2つの基本設定があります:

「オブジェクト後」「オブジェクト内」

この設定をより良く理解するには、レタリングなどのデザインを開いて見てください。レタリングの各オブジェクトが単一のオブジェクトであることが分かると思います。

文字と文字の間の糸切りを処理するには、「オブジェクト内」を選択する必要があります。

デザインの他のすべての部分については、「オブジェクト後」を選択します。

ここからは、設定は同じです。

Connector Setting
  1. 「オブジェクト内」または「オブジェクト後」を選択
  2. 次のオブジェクトにジャンプステッチを選択、距離を設定
  3. 糸切りの条件と距離を設定する
  4. ほつれ止め(スタート)またはほつれ止め(エンド)を設定する
  5. ほつれ止め(スタート)の条件と距離を設定
  6. ほつれ止め(エンド)の条件と距離を設定
  7. ほつれ止め(エンド)の方式を選択

下記のビデオは、つなぎ糸の設定を使って、不必要な糸切りを無くすようにデザインを編集する方法を紹介しています。

目的達成のために、3つの基本的なツールとテクニックを使用しています。

1. 糸切りを識別する移動ツールバー

2. 前後のオブジェクトに結合していない接触オブジェクトを、結合するブランチング機能。 そして、最近のポイント機能は、隣接するオブジェクトの開始点と終了点を揃えます。

3. 自在にオブジェクトの並び替えが行える並び替えツール

実際の編集を見てください!

日本語の字幕付きでビデオを見る方法は、こちらをクリック